自然食 アトピー母の会 ははごころ オンラインストア|自然食品・SOD様作用食品・エコ雑貨

トップページ > 読み物 > 夏の暑さと冷えのお話

/2022.08.02

夏の暑さと冷えのお話

毎日暑くて、何となく身体のだるさが取れない・・・
足のむくみがなかなか取れない・・・
頭がボーっとして暑くなることがある・・・

これらは暑い夏の時期に起こりやすいと言われている症状。
何となく思い当たる症状はありませんか?

これを書いている私スタッフあつみは、足のむくみクーラー等による冷えでお腹をよく壊すことが夏の悩みです。
これらをオーナーに相談したところ、「それは冷えが原因だよ」と教えてもらいました。

話を聞いていくと、私の悩みだけでなく、先に挙げた夏のよくある症状も「冷え」が大きく関連しているのだそう。

暑さが原因だと思ったら違うの?
とちょっと意外な感じがしますよね。

今日は、これらの原因と対処法をご紹介していきたいと思います。

まずは冷えのタイプを知ることから


子どもの頃から手足がポカポカで、「手が温かい」とよく人に言われてきた私。
あつみ、という名前もあり、自分は冷え性とは無縁だと思って生きてきました。

オーナーによると、冷えには大きく分けて2つのタイプがあり、人によって出方が変わるのだそう。
まずは自分の冷えのタイプをしっかりと知ることで、対処の方法や夏の過ごし方が変わるのだと言います。
自分の額に数秒間手を置いた後に、手足などを触っていただき、「冷たい」と感じたら、その場所が冷えているということ。
ご自身でチェックしてみてくださいね。

中心冷えタイプ


手足は温かいが、お腹(特に下っ腹)やお尻が冷えやすい。
手を触って温かいと言われる人は大体このタイプになるのだそう。(私もそうですね。)
秋の花粉症が酷いという方も、このタイプの方が多いようです。

末端が全く冷えないかというとそういうわけでもなく、ふくらはぎが硬かったり、足が釣りやすくなるという特徴もあります。
また、夏に冷たいものを摂りすぎると、秋~冬に体調を崩しやすくなることがあるようです。身体を冷やしすぎずに、バランスよく食事を摂りながら夏を過ごすことで、この先の体調も変化してくるのだと言います。

このタイプの方は、内臓が疲れやすいので、腹巻でお腹を温めたり、後半でご紹介する腰湯がおすすめです。

末端冷えタイプ


足や手指の先が冷えやすいタイプで、冬にしもやけになりやすかったりします。
身体の中心は温かいので、夏は特に心配はいらないタイプですが、自分で触ってみて「冷えているな」と感じたときは、靴下を履いたり、アームウォーマーをつけて寝るのもおすすめです。

夏におすすめ◎腰湯でリラックス♪


暑いとシャワーだけでお風呂を済ませてしまいがちですが、冷えにはお風呂がやはり最強なのだそう。

37度くらいのお湯を腰の高さくらい(お風呂の半分くらい)に入れ、15-20分くらい浸かります。
うっすら汗ばむくらい身体が温かくなるくらいが◎


この腰湯で、翌朝むくみづらくなったり、頭がボーっと熱くなる冷えのぼせの症状が取れるのだといいます。

普段は、重ね履きパンツやシルク靴下、レッグウォーマー等の対策ばっちりのオーナーですが、夏の時期は熱がこもりやすいので、上記の対策は最小限にして、腰湯に毎日入っているのだそうです。

お風呂に半分ためたお湯は翌朝の洗濯に使い、上手に循環させるのがおすすめ!とのこと。




腰湯におすすめなアイテム


腰湯には、身体を温めてくれるバスソルトがおすすめ!今日は当店でも人気の高いこちらをご紹介します♪



夏にもちょうどいい厚さ!おすすめ腹巻き





とにかく冷えているところは温める!そして、自分の冷えのタイプを知りながらきちんと対策していく!ということを教えてもらいました。

夏は暑くて苦手・・・という方もいらっしゃるかと思いますが、身体にとっては夏に十分に暑さを感じるということはとても大切
汗をかいて自然にデトックスし、平熱をあげて病気を遠ざける役割もあるのだそう。

汗をかいて嫌だなと感じたら、「デトックス、デトックス♪」と思うと、ちょっとだけ夏が好きになれるかもしれませんね。

まだまだ暑い日が続きますので、どうぞご自愛くださいませ。それでは!

Manufacturers取扱いメーカー